10月22日(土)  VS大谷大学

vs大谷大学戦でも、大勝!圧勝!シャットアウト!!
しかし、もうちょっとでコールド…惜しい!(コメント:欲張りなOB?)

10月22日(土)、京都の宝ヶ池球技場にて、秋季リーグ戦の第3試合、大谷大学戦が行われました。

今回も大阪からかなり遠いにも関わらず、20人近くの学校関係者様、校友会関係者様、保護者様、OB・OGの方々が観戦に来て下さいました。本当にありがとうございました。

さて試合ですが、今回も大芸大の常に攻撃を意識するプレースタイルが表れた試合になりました。さらに今回はディフェンス陣も力を発揮してくれました。

【第1Q】
大谷大のキックオフで試合が始まり、まず大芸大が攻撃権を得ます。
ランプレーで攻め込む大芸大QB杉本のオプションプレーからの絶妙なピッチでRB#29古橋が得意の外からまくるランで独走し、早々とタッチダウンを奪います。
そして、その直後のキックオフでまたもや古橋がみせます!

オンサイドキックが警戒されているなか、絶妙な力加減でボールを蹴り上げて相手の動揺を誘い、その間に#4藤田がボールをリカバー。またもや攻撃権を得ます。
そして、またまた杉本、古橋のコンビでパスを成功させてタッチダウン!

試合開始2:14で2タッチダウンを奪います。

今回の試合でも大芸大の攻撃はとどまることを知りません。

大谷大がファンブルしたボールをキャプテンDL#51上原がリカバー!パントフォーメーションからP#4藤田のフェイクランでファーストダウン獲得!!
そして、杉本のオプションプレーが冴え渡り、多くのゲインを奪います。

【第2Q】
開始後すぐに杉本のランプレーでタッチダウンを奪い、その後もRB#9撰のランプレーでタッチダウン。
古橋のキックでフィールドゴールを成功させ、前半終了。
32対0で試合を折り返します。

【第3・4Q】
後半には大芸大のディフェンスが力を見せつけます。

メンバーの交代などがあり、中々オフェンスが攻めきれないなか、ディフェンスがLB#68高須、DB#4藤田をはじめとする強力なタックルでゲインを許しません!

DB#98塩崎のピッタリとはりつくパスディフェンス。
1回生DL#60矢嶋のスクリーンパスを防いだナイスタックル。
そして最後にキャプテン上原のQBサックで試合を締めくくった大芸大。

後半は得点こそ奪えなかったものの、大谷大に得点を許さず、32対0で試合を終えました。
次回は前後半での攻撃の爆発とさらに鋭いタックルに期待したいですね。

次回は、少々日があいて、
11月20日(日)の13:00より王子スタジアムにて岡山理科大学との試合です。
また、皆様の力強い応援をよろしくお願いします!