11月20日 VS岡山理科大学

今回も、40人以上の学校関係者様、校友会関係者様、保護者様、OB・OGの方々が観戦に来て下さいました。
いつも、本当にありがとうございます。

さて試合ですが、見出しにもあったように、今季2度目のコールドゲームで圧勝!

まず、QB#1杉本が試合開始早々に、キックオフリターンでロングゲインし、続けて自らのランプレーで1タッチダウンを奪います。
RB#29古橋はインターセプトからのタッチダウンを含む素早い足を活かした3タッチダウン。
1回生RB#2石黒はゴール前での押し込むランで1タッチダウン。
そして、TE#99丸本がロングパスを見事にキャッチし、1タッチダウン。
少しプレーにミスが目立っていた丸本の名誉挽回のナイスキャッチにベンチ、スタンドはわきあがりました!

合計で41点を奪い、前半終了時点でコールドゲームが成立。
大芸大が大勝利しました。

つい、オフェンスばかりに注目しがちですが、デフェンスも見事に岡山理科大学を完封しました。
長いケガからCBで復帰した#45前田にも今後注目して頂きたいと思います。

客観的に見れば文句がない試合結果に見えますが、現場のスタッフ、選手たちは全く満足していません。

最終戦は、全勝がかかった京都薬科大学戦。
全勝同士の最終決戦。
そして、4回生にとっては最後の公式戦。

今回の試合内容を反省し、残り少しの練習で最高の状態にもっていく。
試合終了後の現役たちの瞳にそんな強い決心を感じた気がしました。

次回は、12月3日(土)の11:00よりエキスポフラッシュフィールドにて京都薬科大学との試合です。
ぜひ、VIPERS42期の最後の勇姿と全勝でのブロック優勝をその目に焼き付けにきて下さい!

感涙間違いなしです。
よろしくお願い致します!!

《ご意見・ご感想などのコメント記入》
・一番下のコメント欄(Leave a Reply)にお名前とコメントを記入
・記入が終わったら[Submit]ボタンをクリック
・管理者の認証を受けるまでお待ち下さい(目安1日)
・認証を受けた時点から、記事の下にコメントが反映

《画像の見方》
・左クリックでスライドショー起動
・画面の右側をクリックで進む
・画面の左側をクリックで戻る
《画像の保存法》
・下に並ぶ画像の上で右クリック
・名前を付けて保存