9月23日(金祝) VS大阪商業大学

2011年9月23日(金祝)に秋期リーグ戦の初戦、大阪商業大学戦が行われました。

試合開始前の緊張した選手たちの表情からは秋期リーグ戦にかける彼等の想いが感じられました。

応援には約40人のOB、OG、保護者様、学校関係者の方々が集まって下さり、なんと理事長も来て下さいました。
皆様、お忙しい中、本当にありがとうございました。

さて、試合は…
第1Q、大芸大が最初の攻撃シーズンを大商大にシャットアウトされると、すぐさま大商大にタッチダウンされ、先制を許してしまいます。
必死に反撃する大芸大ですが、タッチダウンにはとどかず第1Q終了。
大芸大に悪い雰囲気が流れます。

しかし、第2Q、フレッシュな1回生RB#2石黒がQB#1杉本のパスを受けタッチダウン!
チームが勢いを取り戻します。
続けてRB#29古橋もランでタッチダウンをもぎ取ります。
パントフォーメーションからのP#4藤田のランというスペシャルプレーも飛び出しますが、反則がありタッチダウンにはむすびつかず第2Q終了。
14対6で試合を折り返します。

第3Q、開始直後にKickoffでオンサイドキックを成功させる大芸大。
攻撃的なプレーで流れを引き寄せ、積極的に攻撃を続けます。
フィールドゴールで3点追加し、第3Qを終えます。

第4Q、このままでは終われない大商大が意地をみせ攻め込みタッチダウン。
トライフォーポイントで2点をもぎ取り、17対14、3点差にまで迫ります。
しかし、大芸大に焦りはありません。
夏から練習を重ねてきたキャプテン#47上原中心のディフェンスで大商大オフェンスを押さえ込みます。
さらに、大商大のゴール前でのディフェンスで相手のパントをブロックし、こぼれたボールを押さえタッチダウン。
攻撃的なディフェンスで追加点を奪います。
大商大の最後の猛攻も鋭いタックルでゲインを許さず、試合終了。

結果、24対14で大芸大が勝利しました。

大芸大の積極的で攻撃的な
プレーが勝利を引き寄せたと言えるでしょう。

次回2戦目の対戦校は京都府立大学。
同日、大谷大学に26対0で快勝しているDiv.Ⅲ-Eブロックの中でも強豪校です。

来週の日曜日、10月2日に試合があり、あまり時間はありませんが、コンディションを整え、ベストの状態で試合当日をむえてほしいです。

頑張れVipers!
勝利のために!!