〜シーズンを終えて〜 OB会GM 山下雅章(第2期)

前略、今年も1ヵ月を切り何かしら気忙しい日々をお送りの事と存じ上げます。
皆さまはもうご存じのとうり、Vipersは12月3日(土)の京都薬科大学と最後のリ―グ戦を終え秋の公式戦日程を全て終了しました。今年はvipersにとっても我々OB・OG には色々な意味で大変なシ―ズンでした。不本意ながら少人数制リ―グでの参加となりました。これは協会の安全面に配慮した処置で、飲まざるを得ない条件でした。しかし、その状況が決定後も現役諸君はショックを受けながらも、岡田監督はじめコ―チ諸氏のもと地道に練習を重ねて参りました。その努力がリ―グ戦では見事に実を結び、全ての試合で勝利する事が出来ました!見事でした!

どのような状況下にあっても決して腐らず、正々堂々とグランドで戦っているvipres戦士には素直に感動しました。私は全試合を観戦しましたが正直、最初は不満の気持ちでいっばでした。それは少人数制リ―グでの参加が納得できませんでした。その悔しさは今も同じです。 しかし現役諸君は我々に全勝と感動と言う大きなプレゼントをくれました。今シ―ズンは全員でなし得た勝利です。我が芸大の後輩を誇りに思ってやってください。

又今年はおもしろプレーが満載でした。”チョン蹴りの連続””コ―ルドゲーム?”知らない人は”芸大こんな強かった?”違ったフットボールを体験出来ました。アリガトウ!最後になりましたが、今年スタンドに来てくださいました理事長はじめ大学関係者の方々、チアリ―ダ―ならびにブラスバンドの方々素晴らしいパフォーマンスをありがとうございました。ご父兄の方々、その他たくさんのVipersファンの方々、 OB・OG 諸君、ほんとうに多くの熱いご声援、ありがとうございました。

来期こそ今期の貴重な経験を生かしレギュラーリ―グで戦って行けるよう努力したいと思います。引き続きご協力のほど宜しくお願いいたします。HP をお借りし、OB 会を代表しご報告とお礼の挨拶とさせていただきます。

大阪芸術大学、体育会アメリカンフットボール部OB 会、GM ,山下雅章(2期)