岡田監督放浪記 その2『龍谷大学付属平安高校』

龍谷大学付属平安高校
2月7日行って来ました、はるばる京都まで。
何故平安高校に?

平安高校の浜本監督さんが、去年芸大の試合の審判をしていて、芸大のフォーメーションやアライメントが大変気に入ったみたいで、試合後瀬島アドバイザーに電話があったことが発端である。
本当に我が校とすればうれしい話。そして芸大に興味のある平安高校の選手に芸大をすすめていただいていた。
そのフォローというか最後の一押しにいっとかなあかんでということで京都詣でとなった訳である。

しかし、ホンマに寒かった。

着いたときは瀬島氏と
「京都寒い言うけど、そんな寒いことあれへんやん」
「ホンマですねぇ、今日ちょっと温いんとちゃいます」
「しゃーけど京都なめたらあかんから、ようけ着といたほうがええんとちゃうか」
といって重ね着をし、いざグランドへ。

 

そこで守衛さんが
「芸大の方ですか? お持ちしていました。
今顧問の先生が急用で出かけられ、監督が
しばらくしたら来られますのでグランドでお待ちいただけますか」
そうしてグランドで選手たちを見ること約20分、足の裏からジンジンと冷たさが上がってくる。
これはもう寒いというより痛い。
京都恐るべし。

鼻水出てくるし、もうアカンカウントダウンが始まりかけたその時監督の浜本さんがお見えになる。
監督さんが来るまで瀬島氏とあの選手やったらええやんと言っていたその選手がまさにビンゴである。
映像学科に入学希望である。

今2年生なのでこの春という訳にはいかないが来春を皆さん楽しみに!
すごいタックルやで~!
そして浜本監督ありがとうございました。
これからもぜひよろしくお願いいたします。

 

※写真、撮り忘れました。

(筆:岡田邦彦)