兵庫県立大戦完敗

2014年9月6日(土)、王子スタジアムにて、秋季リーグ戦の初戦、兵庫県立大学戦が行われた。

兵庫県立大学はDiv.3ながらもプレーヤー数約60名をほこる強豪大学。

大阪芸術大学は25名で下克上を狙う!

大阪芸術大学のキックオフで試合開始。まずは、兵庫県立大学がねばり強いランでタッチダウン。

大阪芸術大学もパスを中心に攻めるが、タッチダウンまではとどかない。

兵庫県立大学は約40ヤードランで2本目のタッチダウンを奪う。

その後もパスで攻め続ける大阪芸術大学。兵庫県立大学の反則も重なり、ゴール前15ヤードまで攻め込む!

ここで第1Q終了。

第2Q開始。大阪芸術大学は最初のプレーでパスを選択するも、兵庫県立大学にインターセプトされ、そのままタッチダウンを許してしまう。

大阪芸術大学はその後も必死に攻め続けるがタッチダウンまではとどかない。逆に残り2分でタッチダウンを奪われてしまう。

ここで第2Q終了。
この時点で、0-28。

第3Q開始。序盤はお互いに譲らず、タッチダウンには繋がらない。

しかし、大阪芸術大学が徐々におされはじめ、2回目のインターセプトも奪われる。

終盤に兵庫県立大学がフィールドゴールキックとタッチダウンを決め、更に勢いをつける。

ここで第3Q終了。

第4Q開始。兵庫県立大学が勢いよくを攻めるも、大阪芸術大学がしっかりと守り、タッチダウンを許さない。

大阪芸術大学はパス中心に攻め、ロングパスも決まり、ファーストダウンを重ねるが、タッチダウンは遠く、3回目のインターセプトを許してしまう。

ここで試合終了。
最終結果0-45。


攻め続けるもタッチダウンにとどかす、悔しい想いをした大阪芸術大学。明日からしっかり練習に取り組み、次の試合では大量得点を期待したい!!