京都工芸繊維大学に惜敗!!

2014年9月21日(日)、宝ヶ池球技場にて、
秋季リーグ戦の第2試合京都工芸繊維大学戦が行われた。
 
京都工芸繊維大学はすでに一勝をあげ、勢いにのっている。
大阪芸術大学は敗戦後、より厳しい練習に取り組んできた。
その成果を発揮したい!
 
 
第1Q。
お互いにランを中心に攻め続けるも、
タッチダウンにはとどかない。
 
大阪芸術大学はディフェンスのナイスタックルが光り、
京都工芸繊維大学のタッチダウンを許さない!
 
そのまま第1Q終了。
 
 
第2Q。
京都工芸繊維大学のランが徐々にではじめ、
おしくもタッチダウンを奪われてしまう。
大阪芸術大学も攻め続けるが決め手にかけ、得点ならず。
 
ロングパスを決められ、ピンチをむかえるが、
粘りのディフェンスでタッチダウンをはばむ大阪芸術大学。
 
その勢いままタッチダウンを狙いたいが、またもやとどかず。
 
ここで第2Q終了。
この時点で、0-7。
 
 
第3Q。
序盤はお互いゆらず。
大阪芸術大学は、ゴール前8ヤードまで攻め入るが、
京都工芸繊維大の堅い守備によりタッチダウンならず。
 
その後も攻めの姿勢をつらぬき、
20ヤードの大きなゲインを得たところで第3Q終了。
 
 
第4Q。
大阪芸術大学はタッチダウンを狙い積極的に
ロングパスを放つもパス失敗に終わってしまう。。
 
京都工芸繊維大学にインターセプトを取られてしまうが、
その後のプレーでさらにインターセプトし攻撃権を取り返す。
勢いにのる大阪芸術大学!
 
しかし、タッチダウンにはとどかない。
 
残り時間2分50秒
ゴール前でのパスプレーでインターセプトされ、攻撃権を奪われる。
その後は防戦一本となってしまい、そのまま試合終了。
最終結果0-7
 
 
第1試合と同じく、1本のタッチダウンが遠い大阪芸術大学。
しかし、勝利まであと少しのところまできている。
全力で練習し、相手を研究し、京都教育大学戦にのぞんでもらいたい!